読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサーリンク

Windows10の,ウイルス並に最悪で悪評判な欠点「Windows Update後に勝手に再起動し,作業中データが消える」件の対処法。Proはポリシー構成可だがHomeはレジストリ操作も無効。アクティブ時間を変更せよ

Windows 10 Home版には,最悪な欠点がある。

勝手にWindows Updateが進み,そのあとで勝手に再起動されてしまうのだ。


ちょっと席を離れたすきに,強制的に再起動されるので,

作業中のデータはすべて消えてしまう。


しかも,その挙動を設定で変えることができない!!

なんてひどい仕様だ。


ワードやエクセル,ブラウザなどを開いたままにしておくと,

ほんの10分ほどのすきに,

いつのまにか作業内容が消えている・・・というわけ。


こんなコンピュータを,安心して仕事で使えるわけがないだろう!!

いつ勝手にデータが消えるか予測できず,

しかも,それを設定で変更できないのだから。


悪い評判と,この被害にあった人たちの声,および対処法をまとめた。

Windows Update時に勝手に再起動するWindows10,「ウイルスよりもひどい」と世間で評判

たとえソフトが動作中であっても,人間が触れていなければ,それだけで再起動されてしまう。

  • 時間のかかるコピー作業・書き出し処理とか,
  • サーバー用途で動作させているとか,
  • 長いバッチ処理

なんかをしていると,もうアウトだ。


「人間がPCを動かしていないから,今は再起動すべきタイミングだ!」

と認識されてしまう。


あまりにもひどいので,マイクロソフトの掲示板にも

これじゃウイルスと同じだろ!」という苦情が寄せられており,

大勢が同じ意見を訴えている。


まあ,デフォルトでそういう設定なのは,百歩ゆずって受け入れよう。

でも,それを設定で変更不可能にしたのはなぜ?

強制的なウイルスのようなものだ。

Windows10において、Windows Update後、勝手に再起動される - マイクロソフト コミュニティ
http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_10-update/windows10%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%A6windo/1e714cab-d507-4923-917e-a7f8d51adc73

  • Windows10になってから、Windows Updateが勝手にPCを再起動するようになりました。
    • 勝手に再起動したため、編集中の作業がすべてなくなってしまいました
    • 消えた作業分どうしてくれますの?
    • 勝手にPCを再起動させて、編集中の内容をパーにするなんて、まるでウイルスがやっていることと変わらないですよね。 改善を求めます。
  • 1487 人が同じ疑問を持っています
  • Windows 10 Home での簡単な自動更新+再起動防止は いまのところ対処法がないというのが現状です。
    • 「ShutdownGuard」のような何らかの常駐ソフトで対応することとなります。
  • 無操作ではありましたが、アプリケーションの動作中にも拘わらず再起動が掛かりました。
    • 例えば バックアップツールを使って大量のデータのコピー中
    • 容量の大きい3Dデータのレンダリングや動画ファイルの変換中
    • 共有ファイルを別のPCから編集中 などに再起動が掛かってしまう可能性も多分に考えられます。
  • Microsoft社は上記のようなケースを想定, 及び回避策を用意して下さっているのでしょうか? 「無操作=使用していない」ではないんですよ…。


Windows10 WindowsUpdate後に勝手に再起動させない|ろっひー
http://ameblo.jp/yoshihirow/entry-12122673328.html

  • Windows Update後に勝手に再起動させない設定をしたい。
  • つーか、何勝手に再起動してんだよ、検索結果とか色んな物が消えちゃってんじゃねぇか
    • 何がセキュリティアップデートだよ、無差別かつ絶対の情報消失攻撃じゃねえか。憤怒 (#^∀^)
    • ウィルスよりも質が悪い!
  • 日々、セキュリティ問題と戦うMicrosoftにとって、WindowsUpdateしないユーザーが情報漏えいすることに重きをおいたデフォルト設定になっていると思われる。
    • まぁ、デフォルトなのはいい。
    • しかし、コントロールパネルから設定不可にしたのはなんで?電源なんか落とさない文化の人たちが作ってんでしょ?なのに、これってどうなのよ?


Windows10において、Windows Update 後の勝手な再起動を防ぐ方法
http://blog.bagooon.com/?p=1077

  • Windows10は、Windows Update の後、再起動が必要な場合には、有無を言わせず勝手に再起動が行われる
    • つまり、何か編集中のドキュメントを開きっぱなしにしていた場合、勝手に再起動が行われて, データが失われてしまうということ。(なにそれ、まるでウイルスじゃん
  • 例え夜間であっても、勝手に再起動が行われるのは困ります。
    • VMWare上で動いているマシンが吹き飛んでしまったり、データベースに不整合が発生するのは、非常に困る
  • Windows10 Pro であれば、グループポリシーエディタ(gpedit.msc)を使って設定をおこなう
    • Home版だと,レジストリをいじって書き換えてもダメで,この設定は Windows10 Home では反映しない。Home は強制的に再起動される。


「勝手に再起動でデータが消えた」というトラブルの人は,非常に多い。

【Windows 10】おい、勝手に再起動するな!Windows Update後の再起動日時を設定する方法 | はぴすぷ
http://hapisupu.com/2015/10/windows-10-windows-update-after-reboot-setting/

  • 10分~15分程,放置していたら「デバイスが使用されていないとき」と判断されて、再起動されました…。
    • もちろん作業中のデータは跡形もなく消え、まっさらなデスクトップが表示された。
    • そして「更新プログラムがインストールされました」と通知だけが出てくる
  • セキュリティの関係上、更新データを強制してでも届ける!という気持ちは分かる
    • ですが、デフォルトで勝手に再起動までしちゃう罠を仕掛けるのは勘弁して欲しい

ASCII.jp:Windows Updateで勝手に再起動されたくない!|ズバッと解決! Windows 10探偵団
http://ascii.jp/elem/000/001/059/1059358/

  • 作業中でも少し目を離した隙に再起動されてしまう、ということがある。
  • 強制終了されたアプリによっては,データが保存されていなかったりして、トラブルになってしまうのは困りものだ。


この仕組みを考えたマイクロソフトの人は,

ユーザを無視した,本当におろかな設計をした。


このせいで,一般ユーザも迷惑しているし,

企業のIT部門の担当者も困っている。

Windows 10 自動更新して勝手に再起動しないでください | ミーネットシステム
http://mii-netsystem.com/2016/07/15/windows-10-%E8%87%AA%E5%8B%95%E6%9B%B4%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%A6%E5%8B%9D%E6%89%8B%E3%81%AB%E5%86%8D%E8%B5%B7%E5%8B%95%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84/

  • 商談やプレゼン中、ちょっとPCを操作せずに話こんだ隙に。 来客があって応対したその隙に。
    • 最新のアップデートを適用して再起動かけてくれちゃいます♪ ...
    • この仕組み考えた人は、アホですよね。
  • 私は幸い作業中のものがWord文書だったので、自動保存から回復できました
    • が, Webブラウザ上で並行作業していたものは、やり直しです。
  • Microsoftにはユーザーのことを想像できない素敵な人材がいますね!


その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(62):なぜ、Windows 10のWindows Updateは嫌われているのか? (1/4) - @IT
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1607/15/news035.html

  • 新しいWindows Updateは、Windows 10が登場して1年が経過しようとする今もなお、多くの一般ユーザーを、そしてWindows PCを管理する企業のIT部門の担当者を悩ませているようです。

勝手に再起動させないための対処法は,Pro版かHome版かで大きく異なる。ポリシーエディタの利用可否がネック。レジストリをいじっても無意味

Windows10 Pro版なら簡単に対処できるが,

Windows10 Home版には,残念ながら対処法がない。



Windows10 Pro版の対処法:

  • ローカルグループ・ポリシーの変更」という設定操作によって,再起動を抑止できる。


Windows10 Home版の対処法:

  • Pro版と違い,「ローカルグループ・ポリシーの変更」はできない
    • ポリシーエディタをインストールしても,Home版だと,再起動の抑止は設定できない。
  • レジストリを編集しても,何の効果もない。
  • アクティブ時間の変更」によって,再起動を「禁止する時間帯」を設定することだけはできる。
    • しかし,その時間帯は12時間分までしか伸ばせず,それ以外の時間帯には勝手に再起動される。


とくに,「ローカルグループ・ポリシー」を変更できるかどうか?

の違いは大きい。

Pro版とHome版の「格の違い」を,まざまざと見せつけられている気がする。

Windows10で更新プログラム適用後に再起動するのを抑止する方法
http://nelog.jp/harness-win10-reboot-after-update

  • Windows10 Professional版、Enterprise版の場合は、設定は比較的簡単
    • 「ファイル名を指定して実行」ダイアログ上で,「gpedit.msc」と入力して「ローカルグループポリシーエディター」が開く
    • 「スケジュールされた自動更新のインストールで、ログオンしているユーザーがいる場合には自動的に再起動しない」項目をダブルクリック
    • 自動更新のインストールを完了するためにコンピューターを自動的に再起動せず、ログオン ユーザーによってコンピューターが再起動されることを待つかどうかを指定できる
  • Windows10 Homeでは、デフォルトでローカルグループポリシーエディター(gpedit.msc)は利用できません
    • Home版では、ローカルグループポリシーエディターをインストールしても,Home版のgpedit.mscでは「Windows Update」の設定項目が出てこないので設定できない。


ちなみに,ポリシーエディタを使って再起動抑止の設定をしても,

あとからWindowsが勝手にその設定を無効化してくる場合がある。


アニバーサリーアップデートのような,

大型の更新プログラムをインストールしたタイミングで

設定を無効化されやすい。


なので,時々この設定をチェックするようにしよう。

Home版は「アクティブ時間の変更」で,再起動抑止の時間帯設定しかできない。しかも12時間の制限付きで,残りの半日は再起動の可能性が残る

Home版にはポリシーエディタがないので,代わりの手段が必要。


Home版では,再起動させたくない時間(=アクティブ時間)を設定できる。

会社のパソコンなら,日中の一部の時間だけは再起動を抑止できるわけだ。

Windows10のアップデートで勝手に再起動されないように設定する方法 | Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト
http://win10labo.info/stop-auto-reboot/

  • Windows Update を選び、「アクティブ時間の変更」をクリックします。
    • 例えば仕事で使うなら9時~19時というように設定します。
    • これで,アクティブ時間内だけは,勝手に再起動される事を防止する事ができます。


でも残念ながら,これは12時間までしか設定できない。

一日の全てを「アクティブ時間」にすることは不可能。


なので,「アクティブではない時間」が生まれるのを回避できない。

24時間のうち半分は,急に再起動される恐れがつねに付きまとうのだ。


マイクロソフト社の一方的な都合でそうなっている。

「世界中のWindowsを,つねに強制的に,最新の状態に保たせて統一したい」

という思想に基づいた行為だ。


なんと不便,理不尽,愚かな発想法…。

そんな統一的な管理手法が,通用するわけないだろう。


こういう事があると,Windows 10を決して良いOSとは思えない。

こういうことがあるから,マイクロソフトはダメな会社なのだ。

【やじうまPC Watch】Windows Updateが勝手に再起動して作業がパーになる……のを防げるAnniversary Updateの新機能 - PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1014746.html

  • 「再起動を試みる前に、ユーザーがこのデバイスを使用しているかどうかを確認する」としており、少なくとも作業中はWindows Updateによる自動再起動は避けるようになっていると見られる(はずだった。) 
  • ネット上では「作業途中、保存をせずに食事に出かけ、戻ってきたらWindows Updateによって自動再起動され, それまでの作業が台無しになった」という声をよく聞く。
    • が、自分のライフスタイルに合わせて「アクティブ時間」の項目を設定しておけば大丈夫だろう。  
  • ただし、設定できる時間は最大12時間までとなっており、“12時間以上ぶっ通しで作業してそのまま寝落ちした”パターンには対応できない


【ワテのWindows10講座】気づいた時には勝手に再起動していた【再起動防止方法】
https://www.wareko.jp/wordpress/?p=19333

  • そもそもなぜ最長12時間までしか「アクティブ時間」の設定が出来ないのか?
    • 利用者の殆どは「なぜ,24時間の時間帯から,好きな時間帯を設定できないのか?」と言う疑問を持つはず。
    • こんな中途半端な,12時間までしか設定できない,と言う制限を設ける意味が分からない。
  • マイクロソフトとしては、とにかく最新の更新プログラムを利用者の意思に関わらず、強制的に自動インストールさせたい模様
    • 強制で一斉インストールをすれば、世の中のパソコンのWindows10は全て同じ更新プログラムが入っている「同じ状態のWindows OS」に出来る。そのほうが、マイクロソフトにとって都合が良い。
  • せっかくgpeditで再起動を抑止する設定をしたのに,いつの間にか解除されていた
    • 原因は,先日のWindows 10 Anniversary Updateと言う大型アップデートのせいかもしれない。

ほかの対処法。Windows Update自体を止めるか,あるいは・・・

Home版ではポリシーも編集できないし,

アクティブ時間も半日までなので,

どうしても再起動を抑止できない。


何が何でも再起動させたくない人は,最終手段として

「Windows Updateそのものを動作させず,サービスを止めてしまう」

という手がある。


危険なので,おすすめはできない。

だが,やむを得ずそうするしかない,という人も多いはずだ。

Windows 10のWindows Updateで勝手に再起動されないようにする – BLACKND
https://blacknd.com/tools/windows10_windowsupdate_no_reboot/

  • 乱暴な方法としては,Windows Updateのサービスそのものを停止してしまうという手があります。
  • しかし当然ながら好ましくはありませんし、Windows Defender(ウイルス対策ソフト)の定義更新まで停止してしまいます。
  • 間違いなく定期的に手動アップデートを行う自信がなければお勧めはできません。


せめてもの抵抗として,

「こまめにファイル保存する」という習慣を付けよう。

いつ再起動されても,悲しまなくて済むように…。