読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサーリンク

iPhone・iPadで,AirDropでファイル送受信できない時の対処法まとめ。利用範囲を「すべての人」にすれば,Bluetoothだけで簡単に送信できる

apple iOS iPad iPhone webサービス スマホアプリ タブレット向けアプリ ダウンロード トラブル ネットワーク 通信

iPhoneやiPadで,AirDropで写真などのファイルを送れない・受信できないという場合の解決法をまとめた。

iPad miniやiPodTouchなどのiOS機器なら,対処法は全て同じ。


「コントロールセンター」にAirDropが表示されない場合の対処法:

  • 設定>一般から,AirDropが機能制限されていないか確認する。
  • その項目が無いとしたら,そのデバイスがAirDropの対応機種であるかどうかを確認する。


目の前にいる人と, Bluetoothでファイル送受信したい場合:

  • お互いに,AirDropの利用範囲で「すべての人」を選択する。
    • これは非常に重要だ。これだけでうまくいくケースが多い。
  • お互いに,Wifiを切ってみる。(Bluetoothだけで通信)
  • お互いに,問題なくBluetoothをONにできることを確認する。
    • AirDrop利用時は自動的にONになるが,Bluetoothの機能自体がちゃんと搭載されているのを確かめるということ。
  • 相手のデバイスの名前がわからない場合は,設定から機械の名称を確認する。


Wifi経由でファイル送受信したい場合:

  • お互いにWifiをOnにして,BluetoothをOFFにする。
  • お互いに同じWifiアクセスポイントに接続されていることを確認する。


「連絡先のみ」という設定のままで送りたい場合:

  • お互いに,iCloudにログイン済みであることを確認する。
  • 送りたい相手について連絡先の中に保存されている情報が,「名前の欄が空になっていない」ことを確認する。


どうしてもダメだったら:

  • iOSの不具合の可能性もあるので,互いにiOSのバージョンが最新版にアップデートされていることを確認する。
  • AirDropを使うのをやめて,「Send AnyWhere」などの代わりのアプリを使ってファイルを送受信する。
    • これなら,Android対iOSでも問題なく機種の違いを乗り越えて通信できる。
  • アプリで通信するのをやめて,DropboxやGoogleDrive,ふぁいる便などのクラウドストレージサービスを使い,限定公開のURLを介してファイルをダウンロードしてもらう。


以下は詳しい解説。

まずは,AirDropの「機能制限」を解除する。

画面を下からスワイプして,
「コントロールセンター」を開く。

このとき,AirDropのマーク自体が表示されないときの対処法。

設定>一般>機能制限 から,AirDropの機能制限を解除する。

これで,コントロールセンターにAirDropが表示されるようになる。


利用範囲を「すべての人」にすると簡単につながる。

コントロールセンターでAirDropの設定を見ると,

「連絡先のみ」と「すべての人」の2パターンがある。


この中で,送受信がしやすいのは,圧倒的に「すべての人」だ。

これを選んでおけば,簡単につながる。


目の前にいる人と,至近距離でファイルのやり取りをしたい場合は,

まず2人とも,範囲の設定で「すべての人」を選んでおこう。

これだけで簡単につながるから。


目の前にいる人と通信するためには,Wifiも必要ない。

Bluetoothで,互いの間で勝手につながってくれる。


試しに「カメラロール」から適当な写真を選んで

「送る」してみよう。


アプリで共有するための「アプリ一覧リスト」が横向きに並ぶが,

その上の欄に,「AirDropで接続可能な相手」が同じく横向きにリストアップされる。

その中から,相手のデバイスの名前を選べば完了だ。


このときに,相手のデバイスの名前がわからない場合がある。

「太郎のiPad」のように,デバイス名に個人名が含まれていればいいのだが。。。

相手のデバイスの名前が,ただ単に「iPad」のような初期設定のままだと

誰だろう?と迷ってしまう。


そんなときは,相手のデバイスの「設定」から,

デバイスの名前を確認することだ。

そのうえで,AirDropでファイルを送りたい相手名と

一致するかどうか確かめれば,誤送信を防げる。

AirDropが使える条件が分かりにくいので実際にテストしてみたよ – めがロッヂ -Megalodge-
https://megalodge.wordpress.com/2013/12/26/airdrop%E3%81%8C%E4%BD%BF%E3%81%88%E3%82%8B%E6%9D%A1%E4%BB%B6%E3%81%8C%E5%88%86%E3%81%8B%E3%82%8A%E3%81%AB%E3%81%8F%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%A7%E5%AE%9F%E9%9A%9B%E3%81%AB%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88/

  • 共有範囲「全員」であれば、LTE切ろうが、Wi-Fiでネットに接続できていなかろうが関係なし。
  • 共有範囲「連絡先のみ」の場合はちょっと厄介。
    • ハードにより出来ない場合がある
    • iPadが送信元なら, LTEなし・Wi-Fiネット接続なしでも大丈夫。
    • iPhoneからiPadに送ろうとするとダメ。

AirDropは「WifiもしくはBluetooth」を使って通信する。

AirDropがファイルのやり取りに使う手段は,WifiとBluetoothだ。

だから,AirDropを使いたいデバイス上で,

これらの通信機能が問題なく利用できる必要がある。


何かの理由で,Wifiがちょっと調子が悪くて・・・だとか,

Bluetoothの機能が壊れちゃってて・・・という時には

AirDropも使えないだろう。


しかしAirDropを使う際に,

基本的に,WifiやBluetoothが「ONになっている」必要はない。

なぜなら,「AirDropを使おうとした瞬間に,自動的にONになる」から・・・。


むしろ,AirDropを使い終わった後で

BluetoothがONになったままなので,バッテリー消費が増える。

自動的にBluetoothがオンになるので,気づかないのだ。

だから,AirDropを使い終わったらBluetoothを忘れずにOFFにしよう。

「AirDrop」はなぜBluetoothとWi-Fiの両方が必要なの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/articles/2015/05/10/iphone_why1/

  • BluetoothとWi-Fiのどちらが欠けても,AirDropは動作しません。
    • AirDropの機能を使おうとしたとき、それらの通信機能がオフの場合は、「タップしてWi-FiやBluetoothをオンにしてください」とメッセージが表示されます。


[iPhone/iPad]「AirDrop」ではどのようなことができますか? | モバイル | ソフトバンク
http://faq.mb.softbank.jp/detail.aspx?cid=79590&id=79590

  • 「AirDrop」では、Wi-Fi・Bluetooth機能を利用
    • 近くにいるAirDrop対応デバイスへ写真、ビデオ、ウェブサイト、位置情報などを共有することができます。
  • Wi-FiやBluetooth接続がONにされている必要はありません。
    • AirDrop使用時には、両方ともオンになります。
  • AirDrop利用条件:
    • iOS 7以降/Wi-Fi : オン/Bluetooth: オン

Wifiを切ってみると送れることもある。

意外なことだが,お互いのデバイスでWifiをオフにしてみるとよい。


目の前にいる相手とつながりたい場合,Bluetoothでじかに接続するのが一番だ。

しかし,そこでWifiが無駄な働きをしてしまい,

「なかなかWifiで互いにつながらない・・・」という状況になってしまう。


はじめからBluetoothだけで通信していればすぐなのに,

わざわざWifiがONになっているばっかりに,

BluetoothではなくWifiで接続を試みてしまうわけだ。

そのおかげでつながらない。


だから,はじめからWifiを切っておいて

Bluetoothだけをお互いにONにしておけば,

AirDropは最初からBluetoothで通信してくれるので

スムーズに相手が見つかる,というわけ。

iPhoneのAirDropが表示されないときの解決方法 | memobits
http://m.designbits.jp/14060209/

  • iPhoneのコントロールセンターを開いたときに,AirDrop自体が表示されていない場合。
    • 設定>一般>機能制限>AirDrop をオンに。
    • これで、AirDropが表示されるようになる
  • 連絡先にちゃんと相手が登録されているか
    • 相手の連絡先の「名前」欄が空になっていないか
  • 全員に許可してるはずなのに, AirDropに自分または相手が表示されない!
    • そんなときは、「Wi-Fiをオフにする」!
    • Wi-Fiをオフにすると,ほぼ100%表示されるようになった。

Wifiを使うならアクセスポイントをそろえて,互いにiCloudにログインする。

BluetoothではなくWifiでやり取りする場合は,

Wifiのアクセスポイントを2人とも同じものにそろえる。

(同一のLAN内で通信できるようにする。)


また,「連絡先のみ」でやり取りする場合は,

2人ともiCloudにログインしておく必要がある。

「連絡先のみ」は結構面倒だ。

iPhoneでAirDropができないときに確認すべき設定項目 - 週刊アスキー
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/340/340094/

  • “WiFi”と“Bluetooth”をオンにします。
    • WiFiは同じネットワークに繋いでいる必要がある。
    • アクセスポイントがたくさんある場合は、設定→“WiFi”でネットワークの接続先を揃えること。  
  • 画面下から指をスライドしてコントロールセンターを出し、パネルのメニューから“AirDrop”をタップ。
    • 共有する相手を選択できるので、 “連絡先のみ”もしくは“すべての人”を選択。
    • “連絡先のみ”の場合は、iCloudにログインしてからやりとりします。

連絡先の「名前」の欄が空白だと,AirDropで送れない。

どうしても「連絡先のみ」で通信したいとすると,

相手の名前を連絡先にどのように登録してあるか,が影響する。


AirDropで通信したい相手のことを,連絡先に登録してあるだろう。


その際,苗字(姓)の欄は書いてあるけども,

名前の欄が空白になっていないだろうか?

だとすると,AirDropで通信することはできない。


姓の入力欄に,苗字と名前をつなげて書いてしまうと

名前の欄が空白になる。

そして,AirDropで送信先として選べなくなる。


そういうわけで,AirDropで送信したい通信相手について

「連絡先」の名前の欄が空白にならないように気を付けよう。

AirDropに相手が表示されない(検出できない)ときの解決法【iPhone,Mac】 - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2140302887792191101

  • 相手側の端末の連絡先が登録されている場合、「名前」が空白の場合、相手の端末が認識できない模様。。。
    • 例えば、苗字のところに名前まで含めて登録していた場合、アウト