読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサーリンク

はてダ編集中に「エントリ投稿失敗」のalertダイアログで記事が消える問題の対処法。エラー表示中に日記の内容を退避させる

はてな トラブル Firebug

はてなダイアリーのインプレースエディタで,記事の内容を投稿しようとすると,

「エントリーの投稿に失敗しました。時間を置いて再度お試し下さい。(syntax error)」

というエラーダイアログが表示され,ダイアログのOKボタンを押すと,編集内容が全て消えてしまう。

どういう時に起こるエラーか?

このエラーは,記事を編集中に,ブラウザの他のタブでログイン情報を変更してしまうと発生する。

記事の内容が丸ごと消えてしまうのは痛手だ。

そこで,対処法として,エラーのダイアログが表示された時点で,記事のデータを回収すればよい。

具体的な対処の手順

あらかじめFirebugをインストールしておき,Firefox上ではてなダイアリーを編集する。

「エントリーの投稿に失敗しました」のダイアログが表示されたら,そのダイアログを閉じないままにする。


Firebugで,「HTML」のタブを開き

 /html/body/div[1]/div[1]/div[2]/div[1]/div/div/form/p[2]/textarea

というXPapthにあるtextareaを選択。


そこで,DOMプロパティのパネルを参照し,

attributes>value

を選択。


右クリック>「値をコピー」

で,編集中の記事の内容をクリップボードに保存できる。

あとは,テキストエディタにペーストして,エラーダイアログのOKボタンを押し,再度記事の編集ボタンを押して,退避済みの記事内容をペーストして復元すればよい。

これで,記事の消失を防止できる。

関連記事:

Firefoxによるブラウジングを高速化するために,SQLITEの中身を削除または最適化する
http://computer-technology.hateblo.jp/entry/20140523/p4


Firebugで,XPathを使って特定のclass名を指定し,DOM要素を絞り込む方法
http://computer-technology.hateblo.jp/entry/20140312/p2


Firefoxのブラウザ操作を自動化する「iMacros」の紹介と使い方
http://computer-technology.hateblo.jp/entry/20140909/p1


Firebugで通信内容を監視すると文字化けするが,Chrome開発ツールなら大丈夫
http://computer-technology.hateblo.jp/entry/20131030/p3