読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサーリンク

Google Adsense広告のコードタイプで,同期・非同期の違いは,読み込み速度向上・HTML5対応有無など

アフィリエイト GoogleAdsense

アドセンスの使い方まとめTOPへ


Google Adsense広告のコードタイプで,同期・非同期の違いについて。

いまは基本的に「非同期」

広告ユニットは,今の時代なら,圧倒的に「非同期」がおすすめだ。

非同期のほうが速度が速いし,ページの読み込みと広告の読み込みが分離される。障害にも強い。

モバイル向けのページでは特に非同期のほうが速度の向上を実感できる。

以前は重い「同期」タイプオンリーだった

以前は重い同期タイプしかなかったが,今では非同期も可能,となっている。

ちなみに同期タイプだと,HTML5非対応でもOKというメリットがある。

参考資料

非同期広告コードについて - AdSense ヘルプ
https://support.google.com/adsense/an...

  • 非同期コードには、ウェブページの他の部分の読み込みを妨げないというメリットがあるため、広告の読み込みに問題があるページでも、コンテンツの読み込みは問題なくできるようになります。モバイル ユーザーの場合は特に、ウェブページの読み込み時間の短縮を実感できるでしょう。


Google AdSenseのコードを非同期にしたら、ページ表示速度が速くなった(気がする) - cocowa
http://co-co-wa.com/google-adsense-as...

  • 今までは、Google AdSenseの広告が表示されないとページ全体が表示されないような仕組みになっていました。(同期) それだと、Google AdSense側のサーバが不調だと、サイト全体に影響が出てしまいます。
  • それを改善するために、サイトの表示と、Google AdSense広告の表示は別にすることができるようになりました。(非同期)


アドセンスの同期と非同期コードって?? - ぼくらの365日間戦争
http://higold.hatenablog.com/entry/20...

  • 非同期広告コードを使うメリット 広告の読み込み速度が速くなる


同期・非同期 それぞれのメリットはありますか? - Google プロダクト フォーラム
https://productforums.google.com/foru...

  • 同期広告コードを使うメリット HTML5以外でもHTML5でもエラーにならない